家計見直し・診断・再生・改善相談

当事務所では、相談者様のライフプラン将来の人生設計を考え、ライフプランを実現可能とするため、ライフプランニングの作成実績が多いファイナンシャルプランナーがお手伝いをさせていただきます。

 

家計・預貯金・住宅・生命保険・教育資金・老後資金・母子家庭・子育て世代・介護保険・公的年金・企業年金・障害者手帳・障害年金・医療費・社会保障・社会保険制度・相続についてのご相談、そしてライフシュミレーションを実施いたします。

人生設計の第一歩はライフプランニングから!

生活にまつわるマネー相談は、ライフプランの作成が基本です。

 

そこで、家計のお金の流れを把握するためのキャッシュフロー表を作成し、家計の将来をシュミレーションいたします。

 

数多くのライフプランを作成してきたFPが在籍する、当事務所にご相談ならびにご用命いただければ幸いです。

家計の収支と預貯金残高の流れを把握

一定期間における家計の収入収出のうち、把握できる資金の収支を算出し、かつその差額によって増減する預貯金残高を年次別で見ていきます。

 

現状の収支や今後のライフイベントをもとに、将来の収支状況や預貯金残高などをシュミレーションし、家計診断を行います。

お子様のための教育資金計画

教育資金は長期にわたって多額な資金が必要となりますので、早めの準備が大切です。

 

学資保険や子ども保険、財形貯蓄による積立方法や資金が不足した際の対処方法、具体的な教育資金のプラン作りをお手伝いいたします。

住宅ローンの借入れと借換えのシュミレーションを実施

住宅ローンを組む前に、組んだ際の仮定として、シュミレーションをすることはとても重要となります。

 

相談者様が住宅ローンを組んだ場合の返済期間や金額を、色々なパターンでシュミレーションすることにより総支払額が、どのくらい違ってくるかを住宅ローンアドバイザーの資格を有するFPが明示します。

 

そしてライフスタイルに合わせた住宅ローンの返済計画を立案し、ご提案いたします。

定年退職後の生活とリタイアメントプランニング

今までお仕事や子育てで何かと時間が取れずに、趣味や旅行などを我慢していたことが、定年退職後は時間的な余裕もでき、今まで出来なかった夢を実現する新たな人生のスタートとなります。

 

しかし、時間的な余裕はできたものの、収入が無くなるため生活スタイルが変化することに不安を感じる方も多いはずです。

 

そこで退職後の収入不足を補うために、相談者様に合ったライフプランを作成し、月々そして年間でどのくらいの資金が必要になるかをお応えします。

 

また定年退職を5年前後に控えた相談者様には、リタイアメントプランニングを作成することをお勧めしています。

 

定年退職後セミナーを随時開催しておりますので、ご利用下さい。

必要な保険と不必要な保険の見極め

年齢や家族構成、ライフスタイルで必要な保険は異なってきます。

生活する環境が、結婚・出産・離婚・お子様の独立・定年退職などで変わった場合には、保険の見直しをすることをお勧めします。

 

またリスクを未然に防げれば良いのですが、なかなか上手くはいきません。

そこで万が一、リスクが発生した場合に備えて保険に加入している方が大多数でしょう。

 

しかし以下の内容で加入している保険がある場合には見直してみましょう。

保障内容が大きすぎる場合

今現在の生活では特に必要がない場合

同じ保障内容なのに、複数の保険会社で加入している場合

お付き合いで加入している保険がある場合

 

上記の項目にいくつか該当する場合には保険見直し保険加入相談をメイン業務としている当事務所にご相談下さい。