教育資金相談

教育資金を、どのようにして準備すればよいかお困りの方は多いはずです。

 

いつから準備を始め、いつまでにどのくらいの資金を用意すれば良いかが分からなくては、なかなか前には進みません。

 

教育資金を準備する際にある程度の目標を示し、その目標に向かって準備を開始すれば、おのずと貯蓄体質へと変化し、結果的に教育資金を準備することができるようになります。

 

教育資金の貯め方はさまざまですが、長期的になるべく早い時期から貯蓄を開始することをオススメいたします。

 

そこで教育費用の目標金額を達成するために、ファイナンシャルプランナーがお手伝いをさせていただきます。

教育費の準備はお子様が小さいうちから

教育資金の準備を始める際に、積立期間が長ければ、毎月の積立額が少額ですみます。

ですので、お子様が小さいうちから少額でも結構ですので、コツコツ貯めることが大切です。

 

では、どの進学時期に向けて教育資金の積立を開始すれば良いか…。

 

学・短大・専門学校などの入学時のお子様が18歳になるまでに、資金を貯めることを目標にしてみましょう。

 

大学卒業までにかかる教育費は、全て国公立で1000万円、私立で2000万円ほどかかります。

 

中学・高校までは、家計の収支をしっかりと管理しながら、日々のやりくりで、教育費を賄うことは充分可能です。

 

進学に必要な目標金額を設定し、上手にまた無理のない教育資金計画を立て、実行できるようにサポートいたします。

教育資金の準備方法

お子様の大切な教育資金を準備する際に、どのようにして資金を貯めれば良いか迷ってしまう相談者様もおられます。

 

当事務所では、毎月コツコツと同じ金額を、他のお金(目的)と区別して、積立てる貯蓄型をオススメしております。

財形貯蓄・教育費

教育資金を毎月決まった額で積立てていく方法が適している方が多くおられます。

会社勤務の方は、財形貯蓄制度があれば、そちらを活用する方法があります。

 

お給料から自動的に天引きされますので、貯蓄することを忘れるということはなく、確実に教育資金を貯めることができます。

 

また、本人またはその親族が教育を受けるために必要な資金(受験料、入学金、授業料、入学に必要な費用)の融資を受けられるというメリットもあります。

 

融資額は、財形貯蓄残高の5倍、最高450万円です。

金利は固定で、償還期間は、10年です。

自動積立定期・教育費

銀行の自動積立定期

普通預金口座から毎月一定額を積立てます。

積立をする日を給料日に設定しておくことがポイントです。

スーパー定期または期日指定定期で、積立額は1万円以上1万円単位が主流です。

 

郵便局の自動積立定期オート定期

通常貯金から毎月自動的に積立てます。

積立額は1000円以上1000円単位。

ボーナス月に積立額を割増設定することが可能です。

奨学金の活用・教育費

公的な奨学金制度として、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し、日本学生支援機構が大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校の学生・生徒に奨学金の貸与を行っています。

 

第一種奨学金

学力など優れた学生に対し、経済的理由で修学が困難な方に無利息で貸与してくれます。

 

第二種奨学金

第一種奨学金より選考基準が緩和されています。

年利3%を上限とする利息付で在学中は無利息です。