FPによるセカンド・オピニオン

FPによるセカンド・オピニオン

皆さまは、ファイナンシャルプランナー(FP)という肩書きを聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか…。

 

保険会社、銀行員、証券マンなど、金融商品を販売する職業の人というイメージがあるかも知れません。

中立・公正なFP相談

当事務所のように、どの金融機関(保険会社・銀行・証券会社・住宅メーカー)にも、属していないFPの主な収入は、相談料とライフプランの作成料セミナー執筆料などです。

 

お金に関する専門的な知識を有した独立系FPに相談するメリットは、客観的に金融商品を見極めて、相談者様のご希望を率直にお受けできることです。

 

中には、保険会社・住宅メーカー・銀行などから説明を受け、契約をする前に、当事務所に『背中を押してほしい』、『はっきりとダメ出しをして欲しい』等の相談が寄せられます。

 

当事務所では、ご検討されている金融商品に対して、期待や不安をお持ちのお客さまに対して、中立・公正に判断いたします。

初回相談から有料としている理由

そこで、無料ではなく有料相談にしている当事務所の理由としては、トータル的に見た結果、有料で相談することの方が安く付くことがあるからです。

 

例えば、生命保険を見直しした場合、月々3,000円、年間で36000円の保険料が削減され、今後10年間、保険料を支払った場合、総額で360,000円の節約となります。

 

当事務所の保険見直しプランは、初回保険見直し相談5,000円と保険見直し作成プラン15,000円のトータルで20,000円のお支払いとなります。

 

あくまでも結果論ですがFP有料相談20,000円 10年間今現在の保険料を支払った場合360,000円となります。

多くの場合、FPに支払う相談料と比べて、お得となるケースが多いです。

 

また保険相談だけではなく、住宅ローンや住宅購入相談などでは、当事務所に有料でも相談することにより、結果的にお特となるケースもあります。

そして金融機関とご契約をする前に、意見を聞いてみるのもリスク管理となります。

 

このように中立的な第三者に意見を聞くことを、セカンド・オピニオンと言います。

ぜひ、ファイナンシャルプランナーのセカンド・オピニオンを、ご利用ください。

 

 当事務所のデメリットといたしましては、金融商品を一切取り扱っておらず、商品販売をしていないことです。

人生の三大資金

教育資金

コツコツと継続的に積立

給与天引きで積立

財形貯蓄・自動積立定期

こども保険・学資保険

 

住宅資金

資金計画の立案

頭金や諸経費を把握

各金融機関の住宅ローン選定

各種手数料の把握

 

老後資金

40代からの資金作り

公的年金の把握

私的年金の活用

ライフプランニング

 

人生の3大資金とは、教育資金住宅資金老後資金といわれます。

この3大資金を用意するのには、時間と事前の準備が必要になります。

また3大資金を準備する手立てを考えるのは容易ではなく、専門知識も必要になってきます。

 

そこで、この専門知識を有し、相談者様のお金に対する不安を取り除き、生活設計を立案し、夢を実現するお手伝いをさせていただきます。

お金の流れ=キャッシュフロー

教育資金・住宅資金・老後資金の3大資金を準備する際に必要なのは、今現在の家計の状況を知ることです。

 

一年間にどのくらいの収入があり、どのくらいの支出があるかを把握することが重要です。

明確なお金の流れを把握すために、FPがキャッシュフロー表を作成します。

 

キャッシュフロー表を作成することにより収入と支出を知り、どのような生活設計を立てれば良いかをプランニングする際に、お手伝をさせていただきます。

人生設計はライフプランの作成から!

ライフプランという言葉を耳にしたことがある方も多いはずです。

 

今後(将来)必要となる資金を明確にし、どの時期にお金が必要になるか、またどの時期に支出が増えるか、どのくらいの貯蓄が必要か、万が一に備えての保険は必要かなど、将来の生活に対する資金的な備えがとても重要になります。

 

そこで10年20年30年と長期に渡る生活設計を描くことにより、お金に対する不安は取り除かれ、日々の暮らしも安心して送ることが出来るはずです。

 

生活する上でお金にまつわる疑問や不安を解消し、明るい未来と夢を実現可能とするために、ファイナンシャルプランナーをご利用ください。