生命保険加入・生命保険見直し相談

【年齢・家族構成に適した保険をご提案】

加入する生命保険は、就職・結婚・出産・住宅購入・お子様の独立・定年退職後と、ライフイベントに応じて異なってきます。

 

保険加入の目的は、万が一のことが起きた場合に備えての生活費の確保です。

したがって、ライフイベントごとに必要とされる保障額は異なり、場合によっては収入保障保険や民間の介護保険への加入も検討する必要があります。

 

同じ保険会社の同じ保険商品で同じ保障内容でしたら、若くて健康な相談者様の方が、ある程度の年齢の方で病歴がある相談者様よりも、当然に保険料は安くなります。

 

保険に詳しいFPが見直しを行うことで、保険の払い過ぎを改善し、長期に渡る支払保険料を適正なものにしていけるようにいたします。

 

そこで、ご自身に適した生命保険の加入と公的な社会保障制度の利用が大切です。

 

当事務所では、公的な社会保障制度を分かりやすく説明するとともに、手続きに関するアドバイスも行います。

 

民間の生命保険の保障と公的な社会保障サービスを上手に組み合わせ、安心した生活を送ることができるようサポートいたします。

生命保険設計

相談者様の中には、保険会社から言われるがままに加入している方が多くいます。

そこで当事務所は、生命保険設計に重点を置きライフイベント表を作成し必要な保障額 加入時期を把握し、目的にあった保障プランをご提示いたします。

 

契約をする相手と相談する相手は必ずしも一緒である必要はありません。

セカンド・オピニオンとして中立的な立場の当事務所をご利用下さい。

生命保険加入の手順

現在ご加入中の保険内容を把握し、保険金額と種類を確認します。

遺族の保障額、老後の生活資金をチェックし、必要保障額を算出します。

過剰に加入しているか、または、保障不足かをチェックします。

加入している保険の問題点をさぐり、収入に対しての保険料は適切か判断します。

より良い保障を得るために、どのような方法があるかFPが対策を立てます。

対策を立てた後の保障額と保険料を算出します。

最後に上記の6点を踏まえて生命保険設計書を作成します。

保険は入口よりも出口が大事

『保険に加入できて良かった!』と喜ぶ相談者様も少なくありません。

保険商品を扱う方々の間では、入口出口という言葉を使用することがあります。

 

入口とは、申し込みや加入(保険会社)、そして契約内容(保険商品・保障額・保険料)など、保険を始めるときのことです。

 

出口とは、保険加入後のアフターフォローや相談業務、手続きの簡素化、そして保険金や給付金の支払い・対応力やスピードなどです。

 

入口が良くても出口が悪ければ、万が一の備えである保険に加入している意味が薄れてしまうことも多々あります。

 

そのようにならないためにも、ご自身でしっかりと保険会社や保険商品、そして担当者を見極めることが大切です。

生命保険見直しのタイミング

結婚による見直し

夫婦の保障内容の確認

保険金の受取人の変更

保険料・保障額の確認

万が一に備えた保障額

 

お子様の誕生

万が一の際のご家族の生活費の確保を検討

予期せぬ病気とケガへの備えの保障を検討

 

マイホームの購入

団体信用生命保険と現在ご加入中の保険を比較、重複している場合はカットも検討

ライフイベント別の保険見直しのポイント

結婚

現在加入中の保険を確認し、保障額の過不足を見直します。

 

お子様の誕生

お子様が生まれたら、万が一に備えて残されたご家族が生活に困らないよう保障額(死亡保障)の見直しを行います。

 

お子様の進学時

└ 中学校入学をきに、世帯主様の保険を見直し、入院した際の入院費等の保障を確保します。

 

お子様の独立時

世帯主様の過度な保障額が必要なくなるため、病気の際の入院等に備えて医療保険の加入・見直しを行います。

 

毎月の保険料が負担

家計を圧迫する保険料では、なかなか貯蓄に回すお金もないため、加入中の保険を見直し、最低限必要な保障だけを残し、余分な保障はカットします。

 

満期時更新時

保険会社の方に言われるがままに再加入、継続するのではなく、今一度見直しをして、適切な保障だけにします。

不安から安心、心のゆとりを…。

当事務所では【リスクに備える】【加入の適正化】【設計】【加入の手順】見直しのタイミング】の5分野に重点を置き、クライアント様の不安から安心、心のゆとりを実現できるように、お手伝いいたします。

生命保険の見直しで家計にゆとりを…。

生命保険を見直しした場合、月々3千円、年間で3万6千円の保険料が削減され、今後10年間、保険料を支払った場合、総額で36万円の節約となります。

 

当事務所の保険見直しプランは、初回保険見直し相談が5千円と保険見直し作成プランが1万5千円のトータルで2万円のお支払いとなります。

 

あくまでも結果論ですがFP有料相談2万円 10年間今現在の保険料を支払った場合36万円となり、多くの場合、FPに支払う相談料と比べて、お得となるケースが多いです。

 

民間の生命保険の保障と公的な社会保障サービスを上手に組み合わせ、家計にゆとりのある安心した生活を実現いたします。