FP・ファイナンシャルプランナーについて

突然ですが、私の肩書きは、ファイナンシャルプランナーです。

皆さまは、この肩書きを聞いてどのようなイメージを持ちますか…!?

 

銀行や保険会社、証券会社などで働いている人、全く知らないという人も多いはずです。

 

実は私も、資格の勉強をするまでは、全くと言っていいほど知りませんでした。

また興味もありませんでしたが、今ではこの肩書きで、ご飯を食べさせていただいてます。

 

一言でいうと「お金の専門家です!」というフレーズを用いているFPの方もいます。

 

私もこのフレーズが嫌いではありませんし、コチラのサイト内でも多用してます。

 

しかし、実際に仕事をしていて ” 私 ” が感じることは、なんでも屋・よろず相談所といったキャッチフレーズの方がピッタリとくるかもしれません…

 

生活設計、保険、不動産、住宅ローン、資産運用、介護、福祉、医療費、税金、相続など取り扱う分野は多岐にわたります。

 

FPは、総合的な金融知識が求められ、またコンサルティング能力・コミュニケーション能力・ヒアリング能力も要求されます。

スペシャリストのFP・ゼネラリストのFP

ファイナンシャルプランーの取り扱う業務は多岐に渡るとお話しました。

その中でも特定の分野で深い知識を有したFPもいます。

 

たとえば、相談業務をメインとしている独立系FPは、主にライフプラン(人生設計)の作成を行うことにより、トータル的なアドバイスをします。

 

保険代理店などを運営しているFPなら、生命保険・損害保険などの分野に強く、不動産会社を運営しているFPなどは、不動産の運用・売却・住宅ローンなどに詳しい場合が多いです。

 

どのような内容でご相談されるかにより、選択するFPは異なってきます。

 

当事務所は、スペシャリストを目指すことはもちろんですが、住宅ローン・生命保険・生活設計・家計見直し・不動産・介護保険・障害者手帳などの福祉・年金・資産運用、複数の分野を総合的に取り扱うゼネラリストでありたいとの考えからFP業務を行っております。

生活に関する相談はファイナンシャルプランナーへ

母子家庭の方や介護を必要とされるご家族からの相談で、「行政や病院・施設などはコチラが何も言わない申請しないと何もしてくれない!」と、言われます。

 

大げさかもしれませんが、日本は申請主義です。

申請がないと何もしてくれないことが多々あります。

 

申請すれば受けられるサービス(給付)も、申請しないばかりに受けられないことも少なくありません。

 

しかし、各機関は申請や問い合わせがない限り、丁寧に教えてくれることは皆無ではないでしょうか...。

 

何もしないのではなく、制度上申請がないとできない場合もあり、一概に行政や病院・施設が悪いわけではありません。

 

生活面に置いて、どこの機関に、どのように相談すれば良いか、また何から手をつければ良いか分からない方がおられましたら、とりあえずFPに相談してみることも一つの方法です。

 

法律(各士業の独占業務)によって禁止されている業務もあり、お応えできない場合もありますが、相談の入口として、ぜひFPを活用してみて下さい。

 

お応えできる範囲ですが、親身になって対応させていただきます。